ライブチャットを出会い系か何かだと思っている人

チャットレディとスマホのアドレスを交換しようとするお客

チャットレディを長年やっていると、男性ユーザーが連絡先を聞いてくることがあります。

携帯のメールアドレス教えてください、ラインやってませんか、などです。

この記事では、チャットレディによくある、出会い目的のユーザーの対処法や断り方や返信してはいけないメール分などを紹介しているので、是非参考にして、あなたのこれからのチャットライフに役立ててください。

マッチングサイトだと思っている

チャットレディのサイトには、ほとんどのお客さんが女性との会話や、エッチなことを女性にしてもらいたいという男性客がほとんどですが、出会い目的の男性もいるのです。

マッチングアプリでもないのに、ほんとに女性と出会えると思っている男性が一定数います。

チャットサイトを男女の出会いの場だと思って本気で勘違いしている男性も中にはいます。

なので、チャットにログインしてくるなり、ライン交換してくださいとか、メルアド教えてくださいとか聞いてくる男性が多いです。

ですがこれは一概に男性客がすべて悪いというわけではなく、ライブチャットを紹介しているサイトがあって、そこも悪いといえます。

そういったウェブメディアというのはアフィリエイトという、紹介料をもらえるサイトなのですが、男性ユーザーを送り込むことによってお金を稼ぐことができるので、あることないこといって登録させようとするのです。

そういった広告を見た男性は、このサイトを使えば女性と出会えるんだと勘違いしてしまいます。

以上のようなことから、チャットやメールですぐ会いたいですとか、今すぐ会えませんか、などといきなり聞いてきたりするのです。

まあ、他にもいろいろな細かい要因があるかもしれませんが、こういったウェブサイトのせいで男女の出会いができると勘違いしてしまうお客さんもいるということです。

チャットレディと出会えると思っている男性のパターン

ここからは、私のエピソードを紹介していきたいと思います。

ライブチャットでチャトレとして稼働したことがある人は、何度も経験したことがあると思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

通話し始めたばかりで「彼女になってくれませんか?」

チャットがはじまるなりものの数分以内に、彼女になってくれませんか?といきなり聞いてくる男性ユーザーは多くいます。

男性ユーザーの中には、チャットレディも彼氏がほしくてチャットレディをやっているもんだと思っている人もいるみたいで、どんな彼氏がほしいですか?なんてあっけらかんと聞いてくる男性も中にはいるのです。

こういうメールやチャットをしてくる男性は、まともに相手をしているときりがないので、適当にかわしましょう。

ラインやってませんか?といきなり聞いてくる男性客

チャットレディに出会い目的で近づいてくる男性ユーザーのメールやチャットには、ライン教えてください系が一番圧倒的に多いです。

ライン交換してくれませんか、などといって、いきなり自分のラインIDを送りつけてくる男性ユーザーもいるくらいです。

ライン交換などを聞いてくるのは、メールがほとんどで、男性側もポイントをなるべく消費しないようにしているので、チャットであまり聞いてくることはありません。

まず一通目に直アドかラインを教えてくれといって、だめだといわれれば、別の女性に片っ端から送っていくので、注意が必要ですね。

音信不通になろうが、なんだろうが、こちらとしては報酬が発生してくれるチャットをしてくれなければ意味がないので、放っておきましょう!

メールでラインなどの交換を要求してくる男性はかなり多いです。

私がチャットしていて、こういうラインを交換してくれだの、直アドを交換してくれだのといってくる男性がいたら、すぐ断っていますが、ベテランのチャットレディになると、どんどん会話を引き出していって、メールのやりとり回数を途切れさせずに何回も重ねることにより稼いでいる人もいるくらいです。

男性のあそこを見せてくる客

自分のチンコが大きいと思っていて、それを女性に見せれば、惚れてくれると思っている男性は意外と多いのです。

いきなり自分の勃起させたあそこを送りつけ来てほんとに好かれると思っているのでしょうか。女性からしたら、甚だ理解に困ります…。

自分で誇りに思っているチンコをみせれば、惚れてくれるかもと、本気で思っている男性がいます。

チャットレディをやっている女性からしたら、男性の股間を見せつけられても、メールアドレスを教えたり、ラインを交換するわけありませんよね。チャットレディの腕のみせどころはここからどうやってチャット時間を延ばすかですね♪

会えることを確信しているかのような人

ライブチャットをやっていると、チャットレディの女性とデート出来るかのような会話をしてくる男性もいます。たとえば、セックス楽しみにしているよ!とかです。

こういう会いたがっている男性も、うまいこと転がしていって、報酬をのばしていけるのが、チャットレディとしてあるべき姿だと思いますが、中には、こういうあざといテクニックをしたがらない女性がいるでしょう。

男性の心理を逆手にとって、におわせぶりな態度を使って、どんどんチャットして稼げればしめたものですが、こういう裏工作や、転がすことに抵抗がある女性は、わざわざやらなくてもまっとうにチャットしてくれる男性とだけチャットすればいいと思います。

セックスしか頭にない男性客とは

アダルト行為というのは本来はチャットをしてくれているという対価で見せるものですが、なかにはケチな男性もいて、自分だけに動画を投稿してくれなどと調子のいいことをいってくる人もいるので気をつけましょう。

こういう男性にたとえば、きちんとアダルトな行為をした動画を送ったとしても、次からチャットにログインして、稼がせてくれるのかと思いきや、全くそんな気配もなく、メールでポイントをケチりながら、次の動画をおくってくれなどとのたまってくるので、最初から相手にしないようにしましょう。

そもそもアダルトコンテンツというのはポイントをたくさん使ってくれるお客さんのボーナスとして見えるものであって、ポイントをケチってみようとする客なんて最初から相手にしない方がいいでしょう。

いきなりエッチしてくださいといってくる

ポイントを使いたくない男性というのは、タイプのチャットレディにメールをいきなり送ったりします。

なぜマッチングサイトでもないライブチャットで出会おうとしているのかそもそもがわかりませんが、チャットレディを出会い系サイトだと勘違いしているので、話がかみ合いません。

日本には有名な出会い系サイトやマッチングアプリがいくらでもあるのに、チャットレディと出会おうとしているのは、勘違いしているからに他ならないのです。

チャットレディがやると危ない行為

ここからは、ライブチャットサイトにおいてチャットレディが、男性客に対してやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

なんとなくやってしまっている女性もいるかと思いますが、危険なのでやめましょう。

会わないようにしましょう!

物理的に男性客と会ったことがあるというチャットレディの女性の話を見聞きすることがありますが、これは正直危険な行為といえるでしょう。

チャットの世界では物理的に触れることはできないので、安全にお仕事出来ますが、実際の世界で男性客と会ってしまったら、何をされるかわかりませんよね。ましてやどういう素性の持ち主なのかもわかりませんし。

チャットレディとお客さんという立場でいろいろな会話をしていくうちに仲良くなって打ち解け合うのはわからないでもありませんが、実際に会うのとそれとは違うと思います。

アドレスなどは教えない

直接連絡先を交換してもライブチャットサイトを介さないと報酬にもなりませんからチャットレディとしてのメリットは一つもありませんので、連絡先は交換しないことに越したことはありません。

中にはチャットレディをやっていると、しつこく連絡先を聞いてくる人もいるかと思いますが、そういう人には適当なアドレスを教えたりするとややこしくなりますし、リピートもしてくれなくなるので、ライブチャットサイトの規約違反になるからといって、交換はしないようにしましょう。

出会えるかのように振る舞わない

アドレス交換などはもちろんしてはいけませんが、こうやって男性客をまどわして、あたかもそのうち私と出会えるかのような、思わせぶりな態度はやめておいた方がおすすめです。

こういうテクニックを使って、なるべくたくさんチャットやメールをしてもらって、お金を稼ごうとする人も中にはいますが、男性の心をもてあそぶのはあまりよろしくないといえるでしょう。心理的にも抵抗があると思います。

ここ最近の引き延ばしテクニックでよく使われているのがコロナや緊急事態宣言をいいわけにした引き延ばしです。

ですが、こういった男性心理をつかったテクニックというのは、もとから会う気なんて毛頭ない訳なので、人間として心理的にどうかと思います。

男性だって一人の人間なので、会う会う詐欺をやられたときの気持ちを考えて、会えないとはっきりいって、単純にチャットの会話のみを楽しむようにしましょう。

メルアドやラインを聞いてくる客の対策とは

直接のアドレスをしつこくきいてくる男性客に対しては、どうやって回避するのがおすすめなのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

以下に私が毎日使っているテクニックを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

スタッフから注意喚起されているといういいわけ

チャットレディはそもそも出会いの存在ではないのに、そんな女性に対して連絡先を聞いてくる男性には適当ないいわけをつけて断っておくのがベストです。

チャットしてくる男性もポイントがかさんでしまうので、連絡先を教えてくれなさそうな返信が帰ってくれば当然それ以上は聞いてこなくなります。

チャットサイトの規約に書いてあるからと言う

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

自分が断ってるわけじゃない感を出す!

上記の断り方の最大のポイントというのは、「私が断っているわけじゃない」ということをアピール出来る点です。

女性自身から自分から教えたくない!と言っているわけではなく、チャットサイトのせいにしたり、代理店などの第三者機関のせいにすることにより、すんなり断りやすいです。

アドレスやラインは教えないようにしましょう!

チャットレディに直接の連絡先を聞いてくる男性はライブチャットサイトにはたくさんいますが、決して教えてはいけません。

チャットレディの女性も人間ですから、いきなりのお客さんが教えてくれなんていってきたら、絶対に教えることはないかもしれませんが、仲良くなった男性ユーザーが聞いてきたら教えてしまうかもしれませんよね。

ですが、チャットサイト以外の場所で男性客といくらやりとりをしてもお金が発生することはないので、正直言ってもったいないです!

現役でライブチャットサイトのチャットレディをやっている女性が、実際に男性ユーザーと連絡先を交換してリアル世界であったことがあるというブログなどがありますが、たまたまその人がいい男性客にあたっただけであって、悪い意思を持って近づいてくる人もいないとも限りません。

チャットレディに会いたがる男性というのは、もともとアダルト色が強いわけですから、どんな意図を抱いているかわかりません。

直接男性ユーザーと対面したとして、そのあとは家までつけられてストーカーになってしまう可能性もあります。

チャットレディというのは、そういったプライベートな情報が守られていて、安心して副業や本業にできるからこそ人気がある職業だと言うことを忘れないようにしましょう。

また他にも、ひとりのそういう節操のない女性が簡単に男性ユーザーとリアルにあったりしてしまうと、まじめに働いている他のチャットレディの人にも迷惑がかかります。

誰が一人が直接のアドレスなりラインIDなりを教えたりしてしまうと、男性客からしたら、あの子はライン教えてくれたのに、なんであなたは教えてくれないの?という風になりがちです。

男性ユーザーの中に、「チャットレディは連絡先を教えてくれるのが当然」だと思い込んでしまったお客さんが増えることにより、チャットレディはチャットがしにくくなります。

チャットレディをやるときは規約をしっかり守って、楽しく稼げるチャットレディ生活を送りましょう♪

連作先を教えて教えてとしつこいときはブロックする

一度断ったのにもかかわらず、なんども連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、もうブロックしてしまってもいいと思います。

チャットサイトで、自らポイントを購入して、チャットレディにチャットしてくれるお客さんならまだしも、全くポイントを使わずに、ただで何度も連絡先を聞いてくるようなせこい男性はブロックするのが最善です。

チャットレディの女性が安易に直接スマホアドレスなどを教えてしまったりすると、無料で連絡がとれる、そちらから連絡してくるのは目に見えています。

チャットレディの女性の連絡先を手に入れた男性は、ただで連絡がとれるので、もうけもんですが、チャットレディ側には直接男性とやりとりを何十回と重ねたとしても一銭も稼げませんので時間の無駄になってしまいます。

サイトの外でいくら連絡先を交換してやりとりをしたとしても、お金がもらえるわけではないので、本来チャットレディで稼ぐ目的で始めたのに、意味がなくなってしまいます。

チャットレディが男性客と直接のアドレスなどを交換するのは、危険なだけではなく、時給をみずから捨てていることと同じです。

そもそも、チャットサイトというのは男性ユーザーがいくらでもいるので、その男性が連絡先をきいてきたからといって、ブロックしても、いくらでも自分とチャットしたいといってくれる男性はいるので、ためらう必要もありません。

そもそもがチャットレディのサイトは出会いの場を提供しているサイトではありませんし、チャットレディはチャットしてお金を稼いでなんぼです!なので、しっかりチャットしてくれて、お金を稼がせてくれるお客様との時間を一番にしましょう!